住まいを決める際は窓の問題を考える

住まい選びのポイント 賃貸物件から住まいを探している方は、窓が多い部屋なのかを確認すると良いです。また窓の大きさも非常に重要になってきます。窓は開ける事によって涼しい風が入ってきたりする場所なので、夏場などは非常に重要な部分になります。その窓がほとんど無い物件もあります。窓がほとんど無い物件を住まいにしてしまうと、空気の入れ換えなどをする事ができなくなってしまい、空気が悪い中で生活を続けていかなくてはなりません。空気が悪い空間なので、自宅に帰りたくないと考えてしまい場合もあります。窓が多い部屋ほど風通しが良くなり、快適な生活をする事ができると覚えておくと良いです。

窓があるので安心して住まいにしても良いだろうと、考えてはいけません。窓があっても風が良く通らない場所もあります。窓を開けると、大きな建物がある、または隣に家の壁がある場所は、窓を開けても風が入ってきにくくなってしまいます。また小さすぎる窓でも同じ事が言えるでしょう。大きな窓が部屋に1つある場合でも風通しはしっかりと確認をしなくてはなりません。内見の際に窓を開けてみると風通しが良いのか悪いのかすぐに分かるので、必ず窓を開けて周辺の環境を気にしながら、風通しを確かめるようにしましょう。