オール電化の住まいは自分で光熱費のコントロールができる

住まい選びのポイント 生活をするうえで電気は重要です。家電製品を使うときには電気がいりますし、自動車を充電するときにも電気が必要になることがあります。もちろん無駄な電気を使うのはよくありませんが、必要な電気を効率的に使うようにしていれば問題はありません。住まいでは電気とガスを使うケースがあります。一般的にはガスは特に時間による割引はありません。でも電気にはあります。

契約などによりますが昼に積極的に使う、夜に使う、普通に使うなどを選択するとそれに合った料金プランを選べます。昼間に外出していることが多く夜に活動することが多ければ夜に電気を使うプランを利用します。夜は電力会社からすると供給能力が上がるのでできればもっと使ってほしいようです。そのために料金も安く設定されています。

昼間にはあまり電気を使わないようにして夜のみ集中的に使うことで電気代の節約ができます。住まいがオール電化であれば光熱費のコントロールがしやすくなります。メーターなどが用意されていてどれくらい節約したかがわかる機械もあります。電力の自由化によって複数の電力会社から選べるのでよりコントロールしやすいところを選ぶと節約を進めることができます。家計を楽にすることができます。