小規模そして大規模な住まい

住まい選びのポイント 住まいは戸建よりも便利なマンションに需要があるようで、マンションには色々な種類のものが増えているという理由もあります。最近はマンションに小規模や大規模タイプと呼ばれるものもあり、小規模と大規模とではそれぞれのマンションにメリットやデメリットがあります。昔からあるのが小規模タイプのマンションになりますが、小規模というのは3階くらいまでの高さで一人暮らしや二人そして少人数の家族などが住んでいます。

小規模タイプのマンションは世帯数も少ないマンションになりますので、大規模のタイプのように上や下そしてとなりの人が誰か知らないということがあまりありません。マンションの入居者の顔がわかるというのは今の時代治安面として大事で、小規模タイプであれば治安面も安心であるメリットがあります。そして大規模なマンションにはあまり顔を合わせることがない事がメリットで、住まいのトラブルに多い人間関係の煩わしさがありません。

このように小規模そして大規模なマンションにはそれぞれにメリットはありますが、小規模には住まいの設備が万全ではないことがデメリットにあります。また大規模にも住まいの設備は万全ではありながら、入居者が多く色々なトラブルもあるデメリットもあります。